電話が良くかかる時間に依頼しよう!稼働時間の長さで選ぶ

電話が午後に集中するときは午後だけでもいい

電話代行を選ぶときには時間を指定できるかで決めることも重要です。稼働時間によって料金が決まることも少なくありません。業界にもよりますが、電話がかかってくるのは午後に集中するという会社もあるでしょう。そんなときは依頼する時間を午後だけすればいいのです。半日の依頼だと料金が下がることは多いです。電話代行を依頼するときには電話がよくかかってくる時間帯をあらかじめ調べておくと役に立ちます。夜にしか電話がかかってこない企業もあるかもしれません。ただ、企業によって電話のかかってくる時間帯は違うので、先入観にとらわれないことが大事です。実際にかかってきた電話の件数を算出してみると予想と違うことも多いからです。

時間を絞ることも大事

短い時間だけ電話代行を依頼できる所もあるでしょう。例えば、電話が頻繁にかかってきて、別の仕事に集中したい時間があるとします。会議などがあると電話に出られないかもしれません。そのような短い時間だけに絞って代行を依頼するのもいいでしょう。4時間だけなどの依頼になりますが、請け負ってくれる企業はあります。特に大事な会議があるときなどは、1人が電話に出ると会議がストップする可能性があるのです。電話によって仕事に支障があると予想できるときは、代行に依頼をして予防することが大切です。また、会社全員が外出することもありえます。外出から誰かが帰ってくるまでの間だけ、代行を依頼することも有益な利用方法でしょう。

会社の代わりに電話対応をするサービスです。電話代行サービスを導入することで、営業時間外や忙しい時間の電話対応を任せられます。そのため、すべての電話に対応でき、重要な電話を逃すことがなくなります。